上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
交差点で信号待ちをしていた。

横を若い兄ちゃんがバイクに二人乗りして
通り過ぎて行った。

フォーと言っていた。フォーと言って通り過ぎてった。
前に乗っていた兄ちゃんは、自由を謳歌してやるぜ!
といった感じにテンションをあげて
二人してはっちゃけたい様子であったが、
後ろに乗っていた兄ちゃんはなんとも恥ずかしそうにしていて、
つられて叫んでみたはいいが、どうしよう、まいったなぁという感じだった。小声だった。微妙なテンションの小声だった。
こぶしを上げ、叫んでみたのはいいが、
そのウデは伸びきっていなかった。

文化系サークルのガッツポーズのように切れがなかった。
二人の温度差に、見ているこちらが、どうしようかと、
不安にさせられた。。。

等身大の自分だって、きっと愛せるから♪
ミスチルの歌を送りたいと思う。

2005.11.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/89-a9e59a02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。