FC2ブログ
日曜日、『コアラの昼寝』のひかりさんのお宅に御邪魔した。
今、地元は、彼岸花が見ごろだから、
遊びに来てください。と言われ、行って来た。
あいにくの雨であり、夏の気温が高かったためか、
彼岸花も3分咲きの状態であったが、
大学の友人の実家に招かれるのことは久々だったので嬉しかった。

温泉につかり、夕方、
お借りした自転車で雨の上がった秋の見知らぬ土地を
走るのはこの上なく気持ち良かった。

彼の昔通っていた小学校。線路沿い。踏み切り。
幅の広いまっすぐな道。畑。田。野球のグラウンド。
川。工場の煙突。民家。ガソリンスタンド。

地元のうまいラーメン屋、地元の人しか知らない近道、
近年の駅前の変化、などなど。
こういう話を聞ける機会はなかなかないし、
実際現地に行って見ると、そこで彼がどんな生活をしていたのか、
自然とイメージされる風景が広がっていて、非常に面白い一日であった。

さて。

僕も以前に何回か、友人を自分の過去に住んでいた馴染みのある土地に
連れて行ったことがあるのだが、そういった時、ちょっとした違和感を覚えることがあった。
自分が小さい時に遊んでいた公園。
よく親や親族に連れて行ってもらったファーストフード店。
長靴でバスを待っていた停留所。
年を重ね、そういった場所に現在の友人を連れて行くとき、
今の生活とは切り離された空間に、今の友人、今の会話、今の思考が
入り込んでくることで、その空間が現在に塗り替えられていくことを感じ、
そのことに奇妙な感覚を覚えた。

そして、次に一人でその土地を訪れたときには、
昔の、小さい時に感じたイメージは薄れていて、
ただの極日常的な風景が、あるだけだった。

え、と。
書き出したものの、どうまとめていいかわからなくなったので、
強引ながらも、今日はこれで終わりにします。

ひかりさん、日曜はどうもありがとね。
2005.09.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/62-5c6baee7