上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
例えば、軽い気持ちで使ったスラングが、
外国人を仰天させる事が多々あるらしい。
スラングの中には宗教を冒涜するような表現も多いらしく、
それが、相手を不快な気分にさせるそうだ。

日本人は、宗教意識が低い。
なんてな事を、良く耳にするわけだが、
しかし、意外と身近なところで、
複雑な宗教意識に左右された会話選びをしているところもあると思う。

要するに、一時期の『XJAPAN』である。

僕が中学生の時 X が大流行。
バンドのギタリストが自殺したことが、
クラスの話題を席巻したことも良く覚えている。

今、自殺と書いたが、当時こんなことを言うと、
ファンの友人に、あれは、自殺なんかじゃない。
なんて、えらく怒られて。
ああ、そうなんですか。って、
その後、学校帰りの歩道橋の下(生徒のたまり場)で、
小1時間、XJAPANについてレクチャーされたりして、
それはもう、めんどくさい気分にさせられたものである。

なにやら、ボーカルのトシ派とギタリストのヒデ派なんていう、
派閥も形成されていたらしく、どちらが正しいか、(どちらが好きとかいうレベルでなく)
なんていう、議論も行われていたようで、ハインリヒ4世、
聖職叙任権闘争も真っ青な、様相を呈していたわけである。

以後、完全に萎縮してしまった僕は、XJAPANの会話については、
最大の注意を払って、言葉を選ぶという事を強いられたのである。


そういうことなので、小泉首相のXJAPAN賛美も、
靖国問題同様、慎重に論じられる必要があると、僕は思います。

2005.09.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/59-d07bd612

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。