上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なぜ、日本は台風を番号で呼び、名前を付けないのか。
調べていたら、国際的には日本に上陸する台風にも名前がついているらしい。

例えばついこの間上陸した台風14号はNABI (韓国語で蝶々という意味)
という名称がついている。

政府間組織である台風委員会というところに、加盟国(日本を含む)が
めいめい台風の名称を提出し作ったリストがあるらしいのだが、
そのリストによると、今年これから発生する
台風15号はKhanun(タイ語で果物の名前)
台風16号はVicente (米語 女性の名前 )
台風17号は Saola (ベトナム 最近見つかった動物の名前 )
といった具合に名称が決まっている。

これだけ見てもかなりフランクに名前がつけられていることがわかるが、
特に気になったのが、Bebinca (プリン) という名称の台風。

もし今年台風が38号まで発生するとなると、台風プリンがやってくるのだ。

台風プリンである。
速やかに屋根の雨漏りを直し、懐中電灯や携帯型ラジオ、スプーンを用意し、
ウエハース、さくらんぼ、バニラアイスに生クリームを忘れずに購入して
天気予報に注意を払い、万全の体制で台風を待たなければいけませんね。ワクワク。

しかし何でこんな緊張感のない名前を付けたんだろうか。
プリンが好きなのは良くわかるが。。。

台風の名称 詳しくはこちら↓
http://www.kishou.go.jp/know/typhoon/asianame/ty_name.html
2005.09.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/48-e1c7fc34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。