上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
同窓会いってきました。



小、中学のころの友人なので、
もうかれこれ10年来の再会でしたが、

駅で顔を見た瞬間に記憶がよみがえってきて、
そこからはもう、にやにやが止まりませんでした。

たのしかったー。



ただ、こういう時に思い出す記憶っていうのは、
当人がくだらなすぎて覚えてもいないような事が、大半の気がしますね。

映画館で6時間くらい並んで超ひまだったこととか。
修学旅行の部屋で、なぜか白湯を飲みまくってたこととか。

言われてみれば、あーあったね。というたしかな記憶なんだけど、

10年来の再会にしては、他にもっと積もる話もあるだろう。
という中での発言です。



【なんでもないようなことが、幸せだったと思う。】

というのは、ロードの歌詞ですが。

あれはおそらく、

学習塾のW先生がはげてたよね。

という会話で意気投合するような、
そういう懐古の気持ちをテーマにしてるんだと思います。

名曲です。



みんな変わらないとはいいつつも、
どこかこう、社会の荒波を経験したりして、
しゅっと大人になった一面をのぞかせていて、

それが、かえって当時の面影を、よりソフトに、
穏やかで優しい雰囲気を湛えたいい男、女にさせていたんだと思います。


僕は、どうかというと、
酒入れると、ぶくぶくと厚顔無恥になっていくようすが、
我ながら、おっさんになってもうたなーと、
真に省みない反省ごっこを、内心繰り返していたのです。

まあ、そんな赤面の体を、
ニカっと笑って酒をついでくれるイケメン、イケジョに感謝。


また、機会があったらやりましょう。是非。
2010.02.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/417-afde9ec7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。