上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
気がつくと俺は戦場にいた。

━━━

コンクリの瓦礫の中、散弾銃の動作を確認してみる。
一発。そして立て続けにもう一発。
弾は目標の木箱をかすめるようにして飛んでいった。

なるほど。

不安がないわけではない。
ただ、戦わなければならないのだ。

なんのために。
さあ。なんの為だったか。

━━━

ちょっと前のこと。

大学の友人がはまっていると言っていた、アーケードゲームをやってきました。
“ハーフライフ”という戦場でバトルするゲーム。

一言で言うと超むずい。

大き目の筐体機の座席に座って、
右手で銃型のバーを操作し、
左手で方向転換用のバーを操作する。
それでもって、
右足のペダルでジャンプ。
左足でしゃがむ動作をやるわけですが、

最後まで全然操作に慣れませんでした。

まあ、ジャンプとか使ってる余裕全然ないですし。

━━━

どうやら自分はどこぞのレンジャー部隊の隊員らしく、
ゾンビを殲滅しろ。とかいうミッションが偉そうに告げられて、
じゃあ、行ってきます。
って出撃したのはいいんだけども。

自分は、銃の扱いはおろか、軍人の初歩の初歩である
“回れ後ろ”をすることもままならないような、
どうしようもないレンジャーでございまして。

なんでそんなヤツ軍隊に採用してんだよ!面接官仕事しろよ!
って、
自分のプレイの不甲斐なさにか、ゲームの設定の仰々しさにかわからないけれども、
やたらとイライラして、
散弾をあたり構わず撃ち付けていたら、ドラム缶が爆発して、吹っ飛んで、死んだ。

難しいですね。

━━━

なんというか、最近のゲームは難しい。

車のゲームにしろ、バイオハザードみたいなやつにしろ、
まず、操作を覚えるまでに時間がかかり過ぎる。

近頃の小学生は、こんなゲームばっかやって育つんだ。
と思うと、ゆとり世代、とか何とか巷で言われてるのが嘘くさく聞こえる。

初期のファミコンソフトにおいても、それはそれで難易度が異様に高く、
クリアできなくて当然のような設定がなされているのが多くあるわけですが。

まあ。
あれですね。

結論を言うと、
スーファミ世代がゲームの世界においては“ゆとり世代”なんだと、
そう思います。
まさに自分の世代ですね。


もうちょっと、頑張るべきか。
いや、ゲームってもっと簡単に楽しめるものじゃなかったのか。

あ。でも、マリオシリーズにはけっこう自信がありますよ。自分。
って、フォローになってないか?

━━━
2007.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/293-12de388f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。