上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
UFOの存在について国会で答弁がなされたそうな。
いやあ、驚きとトキメキでいっぱいですわ。

━━━

国会でUFOの話やと。
何喋ってんだ、あほらしもない。
と言う意見もあるかと思いますが、
こういうの、大好きなんでございますよ。

特に、官房長官の、
“個人的にはUFOは絶対居ると信じてる”
という発言。

これは、あれやね。
いわゆる、萌え~。ってやつですわ。

ミステリアス。ロマンチック。かきたてられるイマジネーション。
ああ、素敵過ぎる発言だぜ。

━━━

Q UFOの存在を確認した事があるか?
との問いに、
A 政府はUFOの存在を確認していない。
とまあ、残念な返答であったが。

果たしてどうだろう。

本当は居る。
政府は、実はすべて知っていて、それでもって隠している。
そう考えたくなるわけですよ。
なんというか、
我々はある種の言葉のトリックにだまされているのではないかとも思う。

━━━

どういうことかと言うと、

UFO。
すなわち、“未確認飛行物体”。
この、未確認の飛行物体は、確認された時点で、
“確認済み飛行物体”となってしまうわけで、
政府は何十年も昔から、この物体の正体の特定を既にし終えており、
“確認済みの飛行物体”として、処理してきたのではないか。

要するに、
先ほどの答弁で言うところの、
未確認飛行物体の存在を確認しているか?
の返答は、
未確認の飛行物体の存在は確認していない。
(ただ、宇宙から来た確認済みの飛行物体は存在している。)

という意味を暗に含めた発言ではないだろうか。




な。なんだってー!

MMRという漫画が無性に読みたくなっている今日このごろ。

2007.12.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/289-1cb86c14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。