上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
新幹線がますます食べごろになっていく。
そんな気がしませんか?

━━━

新幹線って、時代を追うごとに先頭部の形状がうにゅ~っと、
長く平べったくなっていくなぁ。と思う。
それは、空気抵抗を減らしてより速く走る為の設計なのだろうが、
その形状がなんだかとても旨そうなのだ。
こう、もちもちした食感のしそうな雰囲気がある。
例えるなら、あれは和菓子の『すあま』なんだと思う。

20070611141128.jpg
↑すあま

今年の7月に、新しい新幹線(N700系)がデビューするそうだが、
その新しい新幹線の形状もますます、うにゅ~っとして長い。

『従来のエアロストリームを遺伝的アルゴリズムを用いて改良した
エアロダブルウイング形状を採用。』
とか、なんのこっちゃよくわからない説明がなされているが、
あれは、『すあまストリーム』なのである。

で。

7月にドカーンと華々しい新車デビューを飾るのであれば、
従来の、『ひかり』『こだま』『のぞみ』の3種別に加えて、
『すあま』というのを付け加えてはどうだろうか。

『ご乗車の電車は16時42分発、
東海道新幹線『すあま』145号、静岡行きです。』

と、アナウンスが入る。
行き先はあくまで静岡なのだ。
なぜならお茶が旨いから。

車内販売でもJRオリジナルの『すあま』を売りにくる。
それと併せて『伊藤園のお茶』が大変よく売れるだろう。

一石二鳥だと思うがどうだろうか。

N700.jpg
↑今年デビューするN700系新幹線


2007.06.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/256-c3606c41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。