上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
仙台の名物の事を考えていたら、
食べたくなった。

芋煮。


東北地方ではメジャーな料理(行事)らしい芋煮。
秋になると川原に鍋や薪を持参して集まり、
芋煮会を催す。

仙台在住歴のあるあなうまさんの話によると、
流した鍋の醤油で、川の水が目に見えて汚れるくらい、
大勢の人が川原に集まって芋を煮るらしい。

また、
その時期になると、
普通にコンビニの店先に、芋煮用の薪が置かれているそうで。

そのくらいメジャーな行事。



ああ。参加したい。芋煮会。

うまいんだろうなー。


また東北とひとくくりに言っても、
地域によって、味付けや内容の違いがあるらしく、
そういう独特の文化を育んできた土地に住んでいる人が羨ましく思えます。



東京で、やるか。芋煮。

いや、場所が無いんですね。

玉川上水で芋を煮る。それは、入水した太宰治も吃驚ですよね。
その脱力感、冷笑を買い、トカトントン。。



仙台という土地は、
町のすぐそばに広瀬川というキレイで大きな川が流れていて、
やっぱりそういうところで、突き抜けた青空を見ながら
楽しめるのだろうから良いんでしょうね。

こう、空気の感じとか、鍋の煙が空に上がっていく感じとかね。


腹減ったなー。10時か。。
2006.10.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/207-a31713af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。