上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4月2日。
川崎で、お祭りが行われる。
“かなまら祭り”とよばれるかなり変わった祭りで、

男性の生殖器。
まあ。要するに。

ちんこ。

の、形をしたお御輿がかつがれたり、
巨木から作られたちんこが、神社の境内に乱立するという、
ヘンテコ極まりない祭りだ。

春先といえば、色々な祭りが催される時期であるが、
これほどまでに珍しい祭りはそうないだろう。

以前から一度行ってみたいと思っていたのだが、
その日はあいにくバイトが入っている。
しかも、バイト先近辺でも同じ日程で、
サクラ祭りが開催される為に、
多客期で、スタッフが大勢必要だというのだ。
どうもすんなりとは休ませてくれなさそうである。

さてどうしたものか。。。

バイトを休む為には、それなりの口実が必要になってくるだろう。
しかし、無駄なウソはつきたくない。
正直に理由を言ってみたとする。



「お祭り行きたいので休ませてください。」

それは、どんな祭りなのかね?

「ちんこのお御輿がでてきたり、ちんこが乱立したりする祭りです。」

は? 君は何をいっているのかね?
だいたい、こんな多客期に、そんな私的な理由で休まれちゃあ困るじゃないか。

「ちんこのお御輿なんて、レアじゃないですか。
 しかも、一年に一度しか見れないんですよ。」

ちんこちんこって、
うちは飲食店だって事をわかっているのか?
客に聞かれたらどうするんだ!

「いや、でもちんこが。。。」

そんなにちんこが大事か!

「まあ、そりゃあ、大事でしょうね。。。」

そういうことを聞いているんじゃないだろうが!
このちんこ野郎が!!



って。

実際にはそんな会話にはならないと思うが、
祭りの内容が内容だけに、正直に話すのもためらわれます。

正直に理由を言って、お休みをくれたとしても、
今後、ちんこ祭りに行く為にバイトを休んだ男。
というレッテルがバイト内で貼られたら、恥ずかしくてたまりませんな。


食事中の方には、
不愉快な思いをさせてしまったかもしれません。
お詫びします。
2006.03.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/160-12476b03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。