上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日のことだ。
大学の帰り、自販機で、タバコと、コーヒーを買おうとした。

買いものに行った直後だったので、
財布の中は、100円が四枚と、
あとは、五円玉と一円玉がごろごろしているのみ。

でもなんとか、280円のセブンスターを買って、
出てきた10円玉2枚と残り1枚の100円玉で、
缶コーヒーも買える。よし。

そう思って、タバコの自販機に、100円玉を投入。
ガチャン、ガチャン、チャリーン。。。

一枚、100円玉がそのまま出てきてしまった。

再度投入。
チャリーン。
再度投入。
チャリーン。

。。。。

財布の中のもう一枚の100円玉を入れてみる。
ガチャン。
ちゃんと赤いランプが点灯し、タバコをゲットできた。

缶コーヒーを買おう。
コカコーラの自販機の前に行き、
先ほどの100円玉を投入。

チャリーン。

再度投入。
チャリーン。
再度投入。
チャリーン。

。。。。

ダメだ。あきらめよう。
すっかり暗くなった冬の帰路を歩く。
夜風が、泣きそうになるくらい冷たく、寒い。

やはり、なにか暖かいものを飲みたい。
5分ほど歩いたところにある別の自販機に、100円玉を投入。
チャリーン。

再度投入。
チャリーン。
再度、投入。
再度、投入。
再度。
再度。
再度。

ううう。。。
なんだこれ、呪いではなかろうか。
どの自販機にも、受け付けない。
偽、100円玉ではなかろうか。

そんな昭和42年製の100円玉であったが、
今日、牛丼を食いにいったら、ようやく券売機に入ってくれました。
めでたし、めでたし。
2005.12.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/110-02a3e00d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。