上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回、昔の洋楽のレコードに付けられている邦題は
面白いというコメントをもらった。

確かにそうだ。
今は英語の発音そのままのカタカナ表記になっているが、
昔のには、ちょっと捻ったタイトルが付けられている。
ビートルズで言えば、
TICKET TO RIDE→涙の乗車券
など、少し小粋な感じを漂わせているものもあるし、
THIS BOY → こいつ 
といったような、わざわざ訳す必要があるのか、
というか、こいつって誰だよと言いたくなるような、
ものまであり、その辺の配慮というか、律儀さというのは、
素敵だと思う。

というわけで、それにならって、
自分で勝手に邦題を付けてみた。ビートルズ限定で。

Only a Northern Song → 北酒場

Octopus' Garden → 築地市場

Here Comes the Sun → アカイ、アカイ、アサヒ、アサヒ

Tomorrow Never Knows → 宵越しの銭はもたねぇ

Come Together → 連れション

Please Mr. Postman → 民営化

You Never Give Me Your Money → 
ここはうちが払うときますさかい。いやいや、そんなことはあきません。ここは、うちが。いやいや、田中さん、あかんて。

The Fool on the Hill → キチ○イ地獄外道祭文。

こんな、感じだろうか。

選曲も訳も、適当過ぎですね。
なにか、面白い邦題を思いついたら、書き込んでくださいね。
(人まかせ)

ちなみに、割と最近リリースされたアルバム
『LET IT BE NAKED』 
NAKED → 裸
との事なので、僕は勝手に、『La(裸) ビートルズ』 
と呼ばせてもらってます。
   
2005.12.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hukakusa.blog16.fc2.com/tb.php/101-0c5cc3cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。